ほりしんのブログ

お酒が大好きな筋トレ野郎が気ままにブログを更新。映画のレビューをよく書くよ!

『バットマンVS スーパーマン』を見る前に!『マン・オブ・スティール』★★★★☆

f:id:horishin0920:20160331205559j:plain

 

先日から『バットマンVSスーパーマン』が公開されましたね。

僕も本日見てきましたが、もう大興奮でした!

し・か・し!情報が多すぎる!笑

もう、いろいろなキャラや伏線がでてくるわ、もうMARVEL並みでしたよ。『バットマン VS スーパーマン』は『マン・オブ・スティール』のあとのストーリーです。前作の内容やキャラもしっかりと引き継いでるので、必ず『バットマンVSスーパーマン』の前に見る必要あると思います。

そんなわけで、今回は『マン・オブ・スティール』を簡単にストーリーをまとめたいと思います。

 

予告はこちら


映画『マン・オブ・スティール』TVCM(60秒) 2013年8月30日公開

ここからは完全にネタバレです。

 

クリンプトン星の崩壊。地球へ送られるカル=エル(クラーク・ケント

f:id:horishin0920:20160331210948j:plain

クラーク・ケントこと、スーパーマンは地球人ではありません。惑星クリプトンという地球とは異なる星からやってきた宇宙人です。

マン・オブ・スティールの冒頭では、惑星クリプトンが崩壊するシーンから始まります。科学者でクラークの父親、ジョー・エルは、自分の息子を救う為に、赤ん坊のカル=エルにコデックス(惑星クリプトンの遺伝子データ)を埋め込み、そしてカプセルに乗せ「地球」へ発射しました。

そして、その惑星と同時に惑星が崩壊するまで何も行動をできなかった政府に反乱したゾッド将軍。結局、反乱は失敗し宇宙の墓場である『ファントム・ゾーン』へ送られてしまいます。そして、惑星クリプトンは崩壊してしまいます。

 

地球人として生きるクラーク・ケント

f:id:horishin0920:20160331214602j:plain

地球に送られたクラーク。ジョナサン・ケントマーサ・ケントに育てられます。見た目は人間と変わらないため、異星人だとはバレずに生活できていますが、クラークは地球人よりはるかに強靭なパワーと特殊能力を持っていました。育ての父・ジョナサンから人前でパワーを使わないように言われていたため、あまり人付き合いもなく、友達からいじめられる少年時代。

そんなある日、父が竜巻に巻き込まれ死んでしまいます。パワーを使わない約束にこだわるあまり、クラークは彼を助けることができませんでした。父ジョナサンから自分は何者で何の目的で地球へやってきたのかを知るべきと話されており、手掛かりを探すべく、世界中を回る放浪の旅に出た。

 

自分の正体を知るクラーク、迫り来るゾッド将軍

f:id:horishin0920:20160331205605j:plain

 

そして、旅に出たクラークはついに自分が地球に送られたクリプトン星の宇宙船を発見。そこで父親の意識データと対面し、自分の正体を告げられます。ようやく自分の出生を知るクラークでしたが、そんなとき宇宙の狭間をさまよっていたゾッド将軍が地球にやってきました。クリプトン星が滅びたら誰も制御するものもいなくなったため、コデックスを探し宇宙を回っていました。そして、ついにクラークを見つけたゾッド将軍はクラークを殺してコデックスを奪い、地球人を殺して地球を第二のクリプトン星にしようとします。クラークは地球をまもるために、ゾッド将軍と戦います。

この大迫力のバトルシーンはマトリックスを思い起こすような激しいバトルで興奮ものです!

動画どうぞ!

 

新聞記者になるクラーク、次作へ!

f:id:horishin0920:20160331222133j:plain

そして、世界のさまざまな出来事を知ることができる新聞記者へとなるクラーク。ここで映画が終了!

そして、『バットマンVSスーパーマン』へと繋がります。バットマンがどう絡むのか。予告編では、クラークがゾッド将軍と戦ってるところをバットマンであるブルースウェインが様子をみているよう。地球をめちゃくちゃにするような戦いをするスーパーマンが地球の脅威だと感じ、敵視しているようですね。

 

次作のために抑えておくべきポイントとしてはとりあえず

・クラークはクリプトン星からやってきた異星人だが地球のために戦っている

・ゾッド将軍はスーパーマンに倒された後、政府に死体を管理されている

・クラークは記者として、働いているもののスーパマンとして人助けをしている

 

そんなところでしょうか。 

さぁここからどうつながるのでしょうか!

予告はこちら!

広告を非表示にする