ほりしんのブログ

お酒が大好きな筋トレ野郎が気ままにブログを更新。映画のレビューをよく書くよ!

3年半働かせてもらったバイトを辞めました。

f:id:horishin0920:20160329000617j:plain

先日、1年生の頃から働いていたバイト先を辞めました。
本来であれば、社内イントラのようなところにコメントを残すべきですが、あえてこっちで書きたいことを書こうと思います。一部には僕のブログ教えたので良いかなと。(それに後輩から更新しろとも言われてしまったので、下書きにしまったままだったからあげます)
 

3年半お世話になりました!

まずは、このバイトで働かせもらったことに感謝します。ありがとうございました!きっかけはサークルの先輩でした(代々そのサークルからバイトを紹介していましたが、僕で止めたのはここだけの秘密)

男だけのむさくるしいバイト先でした。10こくらい色々なバイトを経験しましたが、ここまで男だけのバイトは後にも先にもここだけだと思います。現在ではただのホモ養成所で、現にこの間の送別会でもホモ疑惑が若干名いらっしゃったので、卒業生としては改善を求めます!ダイバーシティーでいきましょう!

アルバイトでも生かすか殺すか、マジで自分次第。

 

さて、このバイトは学生が取り仕切るバイトで、割と自由度の高いバイトでした。ただ、事務仕事でしたので、マーケティングとか今流行りの仕事ではなく、ひたすら電話受付や事務処理、書類のコピーなどをやる仕事でした。ぶっちゃけ僕は最初やる気がおきず、ただの金稼ぎみたいな位置付けでしか捉えていませんでした。

 

以前どこかのブログでありました、『まだアルバイトで消耗してるの?』的な風潮、これはうちのバイト、いやほとんどのバイトにあてはまるんじゃないでしょうか?

 

アルバイトなんかより、インターン!たしかに、それは一理あるとは思いますが、全面的にそれがいいとは思いません。

インターンはかっこいいもの、アルバイトはダサいもの。

 

それって本当かな?僕はそうは思わない。どちらも泥臭いところもあって、大変なときは大変なもの。自分の気のかけようでどちらも学べるものはたくさんある。というか仕事なんてベースは一緒。どれだけ目の前のことを丁寧に一生懸命頑張れるか

これはアルバイトもインターンも両方どちらもコミットした僕だから思うことです。だから後輩たちには、つまんないと感じることはあるかもしれないけど、目の前のことを頑張る癖はつけてほしいかな。インターンから帰国してからのアルバイトは常にそれを意識してました。

 

インターンも、アルバイトも自分の意識の違いで、面白くもなれるし、つまんなくすることもできる。

今の職場を好きになる努力。自分から一歩踏み出して、どんどん好きになる努力をしてみてください。これが僕からのメッセージです。

 

んじゃ。

広告を非表示にする