ほりしんのブログ

お酒が大好きな筋トレ野郎が気ままにブログを更新。映画のレビューをよく書くよ!

レオナルド・ディカプリオ初受賞!『レヴェナント 蘇えりし者』★★★☆☆

f:id:horishin0920:20160312111054j:plain

 

早速見てきました。"The Revenant"  圧倒的な演技力と映像がすごかったです。あのレオ様が野生が目覚めてる作品でした。

レオ様がアカデミー賞を受賞したことで話題を呼んでいますが、どんな作品なのでしょうか。あらすじを。

 

アメリカ西部の原野、ハンターのヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)は狩猟の最中に熊の襲撃を受けて瀕死(ひんし)の重傷を負うが、同行していた仲間のジョン・フィッツジェラルドトム・ハーディ)に置き去りにされてしまう。かろうじて死のふちから生還したグラスは、自分を見捨てたフィッツジェラルドにリベンジを果たすべく、大自然の猛威に立ち向かいながらおよそ300キロに及ぶ過酷な道のりを突き進んでいく。 yahoo 映画

 

予告はこちら

 

 

事実を元にした作品 

The Revenant: A Novel of Revenge

The Revenant: A Novel of Revenge

 

 

 

最近、事実を元にした作品とやらが流行っていますが、この作品もそう。原作は、作家マイケル・パンクの小説『蘇った亡霊:ある復讐の物語』アメリカの西部開拓時代を舞台にした作品です。

 

f:id:horishin0920:20160312115413j:plain

ストーリーはいたってシンプル、息子を殺されたレオ様が怒り狂って殺したトム・ハーディを殺そうとただただ歩を歩むというもの。こんな感じで簡単に表せますw ストーリーはね!

 

怖すぎるディカプリオ!笑

f:id:horishin0920:20160312111559j:plain

 

前に見た"ウルフ・オブ・ウォールストリート"でも、この感情むき出しの演技すげーなって思いましたが、今回はもう"殺意"むき出しの演技は圧巻でした。怖かったです笑

殺すためなら何でもしてやる!!という凄まじい表情はウルフ・オブ・ウォールストリートの比じゃなかったですw 

それに今回のレオ様の劇中半分は怪我でしゃべれない状態なので、ほとんど"ゔううううう"とか"ゔぁああああ"しか言っていません。それでも伝わる狂気・・・他にも、バイソンの肝臓を生で食べたり、馬の死骸の中で眠ったり、もう狂気!狂気!そりゃ、アカデミー賞取れなきゃキレるわw

映像がいい。これに尽きる。

この作品のすごいところは自然光だけで全部の映像をとっているというこだわり。すべてのシーンがリアルなので、とても綺麗。そこに坂本龍一さんの綺麗な音楽がすーっと染み渡り、映画に深みが増すという感じでした。

個人的にはレオ様がクマに襲われるシーンが迫力ありすぎて映画始まって数分でくらっとしてしまいましたw ぜひスクリーンで!

 

んじゃ

 

広告を非表示にする