読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほりしんのブログ

お酒が大好きな筋トレ野郎が気ままにブログを更新。映画のレビューをよく書くよ!

学校が嫌なら行かなくてもいいんじゃないかなと思う。

ほりしん

 

自殺やいじめ問題。

最近ニュースでもよく取り上げられていますよね。

 

色々なニュースを見て、学校ってなんのための場所なのかなって改めて思いました。今教育関係の方と仕事をしているので教育については関心が高いです。

学習する場所・友達を作る場所・社会性を身につける場所・自分のやりたいことを見つける場所。

個人によって色々な場所でもありますよね。学校って。

ただ僕は必ずしも絶対行くような場所だとは思っていません。別に行きたくなければ行かなくても良いと思いますし、嫌なら無理に行かせる必要は微塵も感じません。

変に何も考えないで学校行くよりかは、行かなくてもしっかり物事を考えて学校の意味を考えてみるのもいいと思いました。

 

 

そんなことを考えている中で見つけた面白いメディアがありました。

不登校新聞

futoko.publishers.fm

 

不登校経験者の人に取材をしたり、不登校に関することを記事にしている新聞です。

不登校を逆に武器にしていてとても面白いと思いましたし、不登校が決してネガティブなものではないと思いました。

 

また個人的にはてなブログで面白いなって思った記事です。

www.inoueyuuki.com


僕も小学生の頃少しだけ、いじめみたいのがあって心砕けかけたことがありますが、環境を変えることで回避していました。

人によっては逃げだと言われますが、自分がアレルギーを感じる環境から避けることは悪くないことだと個人的には思っています。

自分の苦手な場所じゃなく、活躍できる場所で自分の良さを伸ばしていけばいいと思います。我慢して過ごす環境なんて、ストレス耐性がつくしかいいことないし、世の中何十億の人がいるんだから別に合わない人と無理やり関わる必要もないですよ。好きな環境で好きなことをする。なければ自分で作る。ぜーんぜんそれでも生きていける。

 

だから学校も自分が嫌なら行かないって選択肢もいいなんじゃないかなと思います。いじめや自殺するくらいなら遠慮なく休めって思いました。振り返ってもたとえ、学校行かなくたって人生において困っただろうなって思い当たることは何一つありませんでした。

 

今日は眠いのでこの辺で終わりますが、またこのテーマについては改めて書きます。

んじゃ

広告を非表示にする