ほりしんのブログ

お酒が大好きな筋トレ野郎が気ままにブログを更新。映画のレビューをよく書くよ!

何でもいいからタイについて書いてみる その③お祈り

7月7日は七夕。

みなさんは短冊にお願い事を書きましたでしょうか。

僕は「家出中のシックスパックが戻ってきますように」とお願いしておきました。

 

火曜日はタイについて書く日でございます。 

今日は七夕なので、タイのお祈り文化についてご紹介します。

 

f:id:horishin0920:20150707231821j:plain

 

 

タイは国民のほとんどが仏教徒でとても信仰深い国民です。

バンコクの街中でもお祈りするところがたくさんあったりして、見掛けるたびにワイ(合掌みたなもの)をする人もいます。

 

仏様にお願いをしよう!仏様にご報告だ!仏様たのむぅううう!

 

街中ではお祈りをする人でたくさんいます。僕の前のタイのインターン先でも業績悪いからお願いしよう!改善策はお祈りだ!!とドヤ顔でプレゼンしていた人もいました。

マネージャーは苦笑いでしたけど笑

 

でも、何かにすがる気持ちはとてもわかります。気持ちが楽になりますもんね。

実は僕もお祈りをしていました!笑 

僕が特に意識して行ったのは、バンコクの中でも特にご利益があると言われているのがエラワン祠という場所です。仕事、恋愛の願い事が成就するということで有名なので若い女性やビジネスマンなど色んな人でごった返しているところです。

f:id:horishin0920:20150707233657p:plain

BTSのチットロム駅からサイアム方面に向かう途中にあり、アクセスもしやすいです。

 

タイにいる間はエラワン祠は僕にとってもラッキースポットでもありました。

初成約はここの近くのクライアントや、この近くのクライアントの成約率が特に高いこともあり、この近くに通るたびに『お願いします!成約頼む!新しい案件頼む!』と祈っておりました。

 

タイ人の人はお祈りの他にも感謝や精神統一など色々な意味合いのお祈りがあると思います。みんなでワイをして祈る。何をお祈りしているかはこの際関係なく、この行為自体に何か意味があるのかもしれません。この雰囲気もタイの好きな一面です。

 

みなさんもタイにいったらお祈りしたり、舞をみたりなども是非してみてください!

 

んじゃ

 

広告を非表示にする