ほりしんのブログ

お酒が大好きな筋トレ野郎が気ままにブログを更新。映画のレビューをよく書くよ!

漫画「自殺島」

f:id:horishin0920:20150623001117p:plain

読書や映画も見ますが、もちろん漫画も見ますよ。今回は漫画を紹介します。久しぶりに面白いなーって思った漫画です。

 

 

自殺島 1 (ジェッツコミックス)

自殺島 1 (ジェッツコミックス)

 

自殺島」・・・タイトルだけ見ると怖い漫画ですが、そんなことありません。

僕も最初は◯◯島って聞くと「あ〜これホラー系や、怖いやつや」とか思ってました。だって彼岸島とか想像してしまうやん?

しかし、これはホラーとか死とかではなく「生」を描いた漫画です。

 

主人公セイは自殺未遂を繰り返した末に、「生きる義務」を放棄した意思を示す書類にサインをする。病院のベッドの上で意識を失ったセイは、目が覚めた時、自分がまだ生きており、そして自分と同じ未遂者達が周囲に何人もいることに気付く。そして、ここが自殺を繰り返す“常習指定者”が送り込まれる島「自殺島」であることを知る。その直後、未遂者達は飛び降り自殺をする瞬間と死に損ねた者のおぞましい姿を目の当たりにし、一時自殺することを踏みとどまる。“死ねなければ生きるしかない”彼らのサバイバルが始まる。

 

セイという主人公。まさに「生」です。このセイを中心に元自殺志願者たちが島の中で苦しみながらも生きる意味を見出すお話です。

f:id:horishin0920:20150623000905p:plain

まず自殺未遂後、目を冷めたらとある島にいることに気づくセイ、目の前の看板を見ると「あなた方は生きる権利と義務を放棄して本当にいます。・・・あなた方は本当から周囲1km以上の周辺海域に侵入することはできません。それ以上は領海侵犯となり、それを侵犯した場合生命の保証もしません」by 日本国政府 

バトルロイヤルやハンガーゲームみたいに政府がやばい漫画は、個人的にすごい好きです。こういうのは作者の主張が強く出ている傾向があるので、好きか嫌いかはわかれますが自殺島は個人的には当たりでした。こいつら半端ないですね、島を出ようとすると機関銃とかぶっ放してきます。

元自殺志願者が生きる意味を見出す生の話

自殺島の生活で元自殺志願者が生きようと必死にもがいているのはなんだか矛盾で滑稽ですが、人間とは実に弱い生き物だと感じました。結局死にたいのが大半ではなくて、ただ生きがいを見つけられる場所がなかっただけである。

元自殺志願者が生に前向きになるからこそ、心理描写がリアル

主人公のセイも生きることへのコンプレックスを抱く日々を送っていたが、ある日鹿と遭遇し、その美しい姿に見とれ、次第に自分も生きる意味を見つけ出します。その姿はとても力強く生きるたくましさを感じます。

そして初めて生き物の命を奪い、自らの手で食い。「生」に対するありがたさを知る。こうしてセイは前向きに生きることを決め、自分の人生を歩み始めた。

f:id:horishin0920:20150623002459p:plainf:id:horishin0920:20150623003446p:plain

 

このシーンとかすごい好きです。生命の力強さ、ありがたさ、尊さ全てがこのシーンにあります。

また、人物はあんまり絵がそこまで上手いわけじゃないのに、自然とか動物とかはやけにリアルなんですよね。そこがまた人間と対比させてるのかなとも思いました。

他の人も少しずつ生きがいを感じ始め、生きることに前向きになるものも増えてきます。

ある者はリーダーシップで人をまとめる素質に気づき、ある者は農業で花を咲かせ、そしてある者はものづくりで花を咲かす。

このように全ての人を肯定していくストーリーはとても面白いです。

物語が進むとまたヒトラーみたいなカリスマ性のあるやつがでてきて、人間同士の争いがあったりと、まるで歴史を繰り返しているようで、結局人間って根本からなにも変わることはないと言ってるかのようでした。 

生きるとはなにか。人間が忘れているものはなにか。生きる喜びとはなにか。いろいろな角度から問われている気がします。

まだまだストーリーは続いているが、大ヒットしそうな予感がする。また映画とかで実写版もあったりするかもしれません。

 

オススメの漫画でした。

 

んじゃ。

 

 

 

 

広告を非表示にする