ほりしんのブログ

お酒が大好きな筋トレ野郎が気ままにブログを更新。映画のレビューをよく書くよ!

何故僕が休学費減額の活動を始めたのか

こんにちは、ほりしんです。

 

いきなりですが、先日、現代ビジネスさんから上智の休学費に関する取材していただきました。  記事はこちらです⇒現代ビジネス

 

改めまして、この活動に協力してくれた上智の皆様を始め、直之やなっちゃんwith えりこ、あさぎちゃん、さわこにはとても感謝しています。彼ら無しではできなかったと思っております。この活動ですが、結果的に良い方向になったから良いものの活動が停滞しかけたり結果が出ないと考えたらプレッシャーを日々感じ是ざるを得ませんでした。

 

さて、今回ですが何故僕がこの活動をするに至ったのか少しお話したいと思います。そしてこのエントリーをもって、この件に関して少し距離をおきたいと思います。 長くなりますが、ボリュームをもってこの件に関してお話したいと思います。

 

◎疑問の原点はアイセック

僕は1年生の頃から、アイセックという海外インターンシップをコーディネートする学生団体に所属していました。(現在は退会済み)その活動の中で休学して1年間ブラジルに行った先輩、ベトナムに行った先輩と休学して色々なことに挑戦している人を見て、自分も休学して海外に挑戦してみたいと思うようになりました。それをきっかけに休学費を見たら、目が点・・・たっけー。この一言に尽きました。 そして当時の上智のアイセックの先輩がこんな記事を書いていました。  上智大学の休学制度について 上智ってお金持ちが多いイメージあったけど、僕みたいに思う人もたくさんいるんだろうなと思いました。 じゃあ、誰も何で何もしないんだろ。ここでそう思いました。 (ってか上智アイセックのブログ放置しすぎだろ・・・やるならやるで更新しなさい。)

 

◎イベントを開催し、様子見

 

そして僕は1年生の終わり頃、あるイベントを企画しました。東進ゼミナールで有名な安河内哲也先生をお呼びして、海外にでてみない!?と煽ったイベントでした。 まだFacebook ページが残っていましたので、ご参照ください ⇒イベントページ

イベント自体も大盛況で、自分の大学生活を加速させたきっかけでもあるイベントでした。反省点も非常に多く、迷惑をおかけした方も沢山いて申し訳なかった面もありましたが、懐かしいですね。当時一緒だった仲間は本当にいいやつらで帰ったらまたバカしたい。 このイベントの裏で様々な上智の人たちにコンタクトをする中で、僕と友人はちょいちょい「上智の休学費に関してどう思いますか?」と探りを入れました。大学関係者は交換留学制度があるのに何で休学?と理解をしめしてくれなかったところもあるので、僕と直之は「将来なんかしらやるしかないね」とお互いの意見を確かめ合っていました。

 

◎僕に煽りをかけてきた友人

その当時、地元でよくわからないが真面目に議論を交わす友人が2人いました。小学生から付き合いある友達と、いつから知り合いになったか忘れてしまったが、僕の地元の超絶すごいプログラマーの友達。 そいつらと会う中で、休学費に関しておかしいと思うんだよねと何回か話したことがあり、時折彼らから「じゃあ、何で堀君がやんないの?」と聞かれて、そっか、もうやるしかないよなと思うようになりました。 そして度々サイゼリアのマグナムを浴びるように飲み「堀君がやるべき」と煽られたので、その気になりました。 そんな彼は今関西でビジネスをしていると聞いたが、帰国したときに遊びに行くつもりです。

 

◎覚悟を決めれたのはアイセックの選挙

そして、いよいよ本腰入れようと思ったきっかけは意外なことに上智のアイセックの次期委員長を決める選挙です。秋に行われる総会があり、色々なことを考えて、正直自分も出てみようかと思いましたが、なんとその候補者に「ほりしんが推薦人じゃなきゃ嫌だ」ということを言われたので、「うーん、まぁいっか」となりました。そこまで本気じゃなかったってことですかね。そこで推薦人になる代わりに「じゃあ、お前が委員長になるんだったら、俺は上智の休学費の活動を始めてやる」と方向をはっきりと定めました。そして仲間を募り、活動を始めました。 以上が僕の活動の背景です。書いてみて改めて色々なことが繋がっていたなと思います。そして、僕は非常に人に恵まれていますね。色々な人に助けられてきた大学生活だと思います。

 

◎これからに関して

インタビューでも答えましたが、休学制度が下がってお仕舞いではないと思っています。 上智大学で休学した人たちがどう上智大学を含めた社会に貢献していくか。このサイクルをつくっていくのが僕の次の目標でもあります。例えばキャリア相談に乗ったり、寄付金でも簡単なことでも構いませんので次の世代に残す何かをできる活動が少しでも増やせればいいと思っております。 僕は今現在休学してタイにきてインターンをしています。 この経験が次の誰かに繋がるようにしたいと思います。

 

以上、これにてこの件終わり!

広告を非表示にする