読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほりしんのブログ

お酒が大好きな筋トレ野郎が気ままにブログを更新。映画のレビューをよく書くよ!

映画『白雪姫殺人事件』を見て

映画

最近なかなか映画を見る時間がなかったのですが、たまたま今日は引きこもる!みたいな日があったので 映画を見てみてみました。その中ですごい面白かった作品がありました。

th_shirayukihime1.jpg

まずは予告編をどうぞ

 


井上真央・綾野剛共演 映画『白ゆき姫殺人事件』予告編

 

『白雪姫殺人事件』 『告白』などの原作者・湊かなえさんの作品を映画化したものです。湊さん作品は、とてもリアリティ溢れていて読み応えのある作品を書かれますよね。 今回のあらすじはこちらになります。

人里離れた山中で10か所以上を刺され、焼かれた死体が発見される。殺害されたのは典子(菜々緒)で、容疑者は化粧品会社のOL城野美姫(井上真央)。テレビディレクターの赤星雄治(綾野剛)は、美姫の同僚、家族、幼なじみなどに取材。典子が美姫の同期入社で、美人で評判だった一方、美姫は地味で目立たない存在だったことが報道され……。 

yahoo 映画より

 

ネットの怖さ×歪んだジャーナリズムの恐ろしさ

 hqdefault.jpg

 

事件の犯人は最後までわかりませんが、容疑者として認定される井上真央さんは無責任な人のつぶやきによって勝手にのプライベートが明かされる。そして報道記者によって身元が曝される。 恐ろしいですよね。ネットでどんどん噂が広がり、それが事実のようになる。ネット社会とジャーナリズムが誤った方向にいくといろんな人が不幸になるんだなとすこし怖くなりました。

先日イメージと平均のお話を少ししましたが、それと非常に似ていて、ある意見が多くなりその意見が平均値に達してしまうとイメージとして定着してしまうんです。 そして最後の方に流れる台詞 「ネットは真実を作る」 まさに今の世界で起きている事実です。この台詞のあとの台詞が今回の事件のまとめとなっております。

 

人間の記憶の曖昧さを巧みに利用している

そして、この作品中で起きる事件の展開を難しくしているのは「人間の記憶の曖昧さ」です。 僕らは自分の記憶を都合の良いように作り変えてしまいます。ましてやそれがやましいことだと、そのような意識が働いてしまいますよね。

ある一部の重要なファクターをなかったことにしたり、またある一部を誇張したりと聞く人にとってはそれが1つの真実のように感じます。

今回は綾野剛がディレクターとして色々取材をして、その人達の話を全部鵜呑みにし、報道番組を造り上げてしまいます。そこがメディアの怖いところ。。。それが誇張された嘘であっても真実のようになってしまいます。

あの人は地味だから美人な被害者に嫉妬していて恨みがあったに違いない。だからあの時あんなことをしていた。 結局、自分が身近に係わる当事者にならない限り、全ては他人事。いくらでも言えてしまいます。だから記憶がてきとうだってお構いなし。

「人の記憶はねつ造される。人は自分の都合の良いようにしか語らない。だから真実をちゃんと見極めろ」

この台詞は映画の中で1番刺さった台詞です。まさにこの映画の主題だと思います。 そして、いくら誇張された真実を報道して誤報だとわかっても 「申し訳ございませんでした」「・・・続いてのニュースは」と何事もなかったかのように済まされてしまいます。その様子がまた人間の身勝手さを表していますよね。(私はこれで一気にメディアに嫌気がさしました笑)

 

気持ち悪い程リアルな映画。 だけど見始めたら止まらない。

そんな映画でした。 久しぶりに★5つ!

広告を非表示にする