読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほりしんのブログ

お酒が大好きな筋トレ野郎が気ままにブログを更新。映画のレビューをよく書くよ!

タイ人の国民性を表す3つのS

タイ

こんにちは、堀です。

後輩からタイ人の国民性について聞かれたので、私がたまにお客様からも聞かれることでも あるのでまとめてみました!

タイ人の国民性を表す3つのS。

AS-24-3S.jpg

タイ人の国民性をよく表す言葉として私たちがよくつかっているのは「3S」です。  「3S」とは何かといいますと、SabaySanuk , Saduakの略です。

この3つの言葉がまさにタイ人の国民性を表す言葉なのです。

3つの意味をそれぞれ説明すると 

Sabay サバーイ (気持ちよく)

Sanuk サヌック (楽しく)

Saduak サドゥアック(便利に)

 という意味です。

至る所で散見する3S

タイ人は自分がとにかく気持ちがよく楽しくより便利な状態を好みます。

この「3S」は色々なところに現れます。 例えば、仕事中もみんなと楽しく会話しながら仕事をしたいですし、仲のいい人とずっと働きたいと思っています。最初は私もびっくりしましたが、会社はいつもわいわいと賑やかでシーンとなることは滅多にないです。

他にも便利にという点では、タイ人は階段を使いたがりません、エスカレーター、エレベーターが目の前に見えるならどんなに人がいようとエスカレーターを使います。朝の駅のエスカレーターはいつも混んでいます笑

 

また、逆にこの3Sではない状態は本当にいやがります。

例えば、仕事でも自分がサバーイに働けなければ会社にも行きたくないですし、もしマイ・サバーイな状態(マイをつけると否定形になります。)が長く続くと会社を辞めるなんてことは当たり前です。 今日はお腹が痛い、マイサバーイ、今日は雨が振って電車にいつもより人が乗ってるから、マイサバーイ、会社で日本人が一緒に昼ご飯行ってくれない、マイ サヌックとこんな理由で会社を辞めてしまう人もいます。仕事柄転職理由を尋ねたりしてみるとこんな理由で辞めるのかと驚いてしまうときもあります。

 

また日系企業がタイ人を採用しようと面接をするとき、圧迫面接をやろうとするものならば、タイ人にマイサバーイな会社だなと判断されてしまい、逆にタイ人から内定を辞退というケースも少なく有りません。 このように、自分が気持ちよくない状態はタイ人の方は嫌います。私はこの「3S」の国民性はとても好きです。

 

自分の人生のモットーが「人生楽しんだもの勝ち」なので基本自分が楽しいと思うことを優先して選択します。海外インターンもその1つです。タイにきて仕事って楽しいんだなと思える事ができたのはタイ人のおかげかもしれません。

 

「微笑みの国」の愛称の通り、タイ人はよく笑います。いい国ですね。いつか将来この国で自分ん仕事ができたらなとなんとなく最近も思うようになりました。

さて、今日はタイ人の国民性を「3S」でご紹介してきました。 どうでしょう?とても愉快な国民性ですよね!

 

日本人の「3S」

ところで、皆さん日本も世界から「3S」と言われているというのは知っていますか?あまり知られていませんがそれは国際会議などで日本人を揶揄する言葉として使われており、残念ながらいい意味ではありません笑

その略とは Silence Smile Sleep 国際会議では日本人は静かで、にこにこだけしていて挙げ句の当てには寝るという最悪なイメージです笑 プレゼンスが低いと言われる理由もうなずけます。 タイと比べてしまうとなんて最悪な「3S」。。。

 

さて、今日はこの辺にしておきましょうか。 タイは今日から連休です!ゆっくりしたいと思います!

 

 

では!

広告を非表示にする